単身赴任・転勤で車がいらなくなったときの対処方法は?

転勤で生活拠点が変わることになると、引っ越しに加えて面倒な手続きに追われます。新しい生活スタイルを構築するために、今まで乗っていた車をどうすべきか選択を迫られることがあります。異動先にもって行くのが良いと即断できれば良いのですが、手放した方が良いケースもあります。もし転勤で車がいらなくなったときの対処方法をご紹介します。

転勤で車を手放すかどうかの判断はどうすればいい?

転勤先が大都市なのか地方なのか

転勤で車を手放すかどうかの判断基準の1つが、赴任先が都市部なのか郊外なのかという点です。もし地方から東京への移動であれば、車の帯同には慎重になります。 首都圏は駐車場代が高いのに加え、渋滞も慢性的です。反面、交通網が整っていて、何らかの事情がないかぎり車がないと生活に困るということもありません。逆に都心から地方への移動であれば、車通勤の有無などを視野に入れながら決めることができます。

乗る人がいないにも関わらず放置した場合のデメリット

乗る予定がないが、とりあえず車を保持するという選択肢には弊害があります。 車は乗らなくても駐車場代、税金、保険代、メンテナンス代が発生するのに加え、放置しておくことで劣化が早まる傾向があります。また年数が経てばたつほど価値が下がってしまうのが一般的です。

乗り換えも一つの選択肢

都市部の駐車場には高さ制限や軽自動車専用駐車場などがあります。 そこで、小回りの利く車に乗り換えるという選択もあります。

車に乗り続けるときのポイント

変更手続きが必要になる

転勤先へ車と一緒に引っ越す場合は、車に関する手続きが必要です。運転免許証に加え、車の住民票ともいえる車検証の変更手続きも必須です。また、自賠責保険や任意保険などの住所変更も済ませておきましょう。 車検証の変更手続きは新しい住所を管轄する陸運支局で行います。それまで住んでいたところと新住所を管轄する陸運支局が異なる場合は、ナンバープレートも新たに付け替えることになります。また軽自動車の場合は、軽自動車検査協会での手続きとなります。

使用の本拠の変更手続きに必要なもの

所有者と使用者が同一の場合は以下のものを揃えます。 また、所有者と使用者が異なる場合は、所有者の委任状も必要になります。

・申請書(OCRシート第1号様式)

・手数料納付書(自動車検査登録印紙を添付)
・住民票(発行後3ヶ月以内のものであってマイナンバーが記載されていないもの)、住居表示変更通知書なども有効
・車検証
・自動車保管場所証明書(発行後おおむね1ヶ月以内のもの、ただし自動車保管場所証明書適用地域でない場合は不要)

転勤が多いのなら車検を受けるお店にも気を配る

頻繁に転勤のある職場であれば、車を購入するお店や、車検・メンテナンスのお店は慎重に選びましょう。買った車の保証やアフターサービスを受けるのであれば全国展開のお店が安心です。
同様に、車検もお店によっては受けた後のアフターフォローが充実しているところがあります。例えばオートバックスなら、車検を受けた車に対して業界最長クラスとなる12ヶ月の整備保証がついてきます。車検後の定期メンテナンスをお得にカバーする「メンテナンスパック」も各種プランをご用意しています。

このような保証や各種補償・サービスを受けようとするとき、オートバックスであれば全国の店舗で対応しているので、車検を実施した店舗はもちろん引っ越し先の店舗でも引き続きサービスをお受けいただくことができます。

メンテナンスパックの内容

オートバックスでは車検を受けた後のオイル交換やワイパー交換など、定期的に実施が必要となるメンテナンスをパッケージしており、お得かつスマートに車の維持費を抑えていただくことができます。

車を手放すときのポイント

転勤で車を手放そうと決断しても、引っ越しの荷造りやさまざまな手続きをこなしながらでは、車の売却が面倒と感じる方も多いのではないでしょうか。 しかし車は高価な資産です。できるだけ好条件で売却したいのはもちろんのこと、査定から売却手続き、そして売却代金の入金まで安心かつ手間のかからない方法を選びたいところです。

単身赴任・転勤にオートバックスの買取がおすすめな理由

査定のクオリティが高い

オートバックスでは特許を取得した査定システムの「査定Dr.」を導入しています。スタッフの熟練度合で買取査定がバラつくことがないのに加え、車のデータを本部で一括管理して査定価格を算出することでベストなオファーをご提示することができます。またアルミホイールやエアロパーツを査定の対象にするなど、カー用品店としての強みもあります。

査定価格が書面で提示される

車の査定価格はお見積書にしてお渡しします。しかも見積書の有効期限は5日間とロングなので、急な転勤で時間が限られている中でもじっくりと検討していただくことができます。

後になってトラブルの心配がない

オートバックスは独自の査定システムを自社の強みと考えており、書面でのお見積りはその表れでもあります。一度お渡しした見積の金額や売却の契約が成立した後になって車に不具合が見つかったとしても「買取金額が下がる」などの契約事項等の変更が発生することがありません。後々の契約事項についてのトラブルがないので安心して手放していただくことができます。 また、契約後、おクルマを引取る際に引取費用を別途請求することもありません。

売却代金の振込までがスムーズ

オートバックスでは車を引き取ってから指定の口座に代金を振り込むまで、最短で2営業日とスピーディです。何かと出費がかさむのが引っ越しですから、ここも高い評価をいただけているポイントの1つです。

判断に迷ったらまずは気軽に査定を受ける

オートバックスなら「売却価格を知りたいだけ」も大歓迎

突然の転勤であれば、大切にしていた車を手放すかどうか、なかなか判断が難しいところです。そんなときは「参考までに」というスタンスで、オートバックスで査定を受けてみてはいかがでしょうか。オートバックスであれば、査定を受けたからといって煩わしい電話を差し上げるといったこともございません。実際に売ったらいくらになるかを参考にしながら、手放すかどうかじっくりと検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

予期せぬ転勤で慌てさせられることもあります。新しく迎える生活スタイルによっては車を手放すことが合理的だと判断できることもあります。 また大切にしていた車なら、なかなか簡単には決断できないのも当然です。結論が出ずに迷ったら、ひとまずオートバックスで査定を受けて買取金額を把握した上で、車をどうするか検討してみてはいかがでしょうか。オートバックスの買取査定ならスマホやPCから事前に予約することができます。ぜひ、ご活用ください。

加盟店の方はこちら

ページトップへ