12ヶ月点検(法定点検)と車検の違いとは?行う必要性はあるの?

車検を受けたのに12ヶ月点検も受けなければならないの?そもそも12ヶ月点検とはどんなもの?といった疑問を持つ方も多いかと思います。 今回は、法定点検の1つである12ヶ月点検について、車検との違い、メリット、費用などについて解説します。

車の12ヶ月点検(1年点検・法定点検) とは?

法定点検(定期点検)はユーザーの義務

車のユーザーには、車が安全に環境を汚さずに走れるよう定期的に点検・整備することが義務付けられています。この点検・整備のことを法定点検、定期点検といいます。

12ヶ月点検は定期点検の1つ

実施しなければならない法定点検は車種によって異なり、自家用乗用車では2年ごと、1年ごとに行わなくてはなりません。このうち、1年ごとの点検・整備は「1年点検」、「12ヶ月点検」と呼ばれます。

12ヶ月点検と車検の違いは?

車検は検査なため、点検整備とは異なる

車検とはあくまでも検査を受けた時点で車の安全性や環境性能が保安基準に適合しているか確認するものです。車検の有効期間が2年間にわたったとしても、その間の安全性を保証するためのものではありません。

例えば、車検の検査ラインではブレーキが十分な制動力を備えているかをチェックするものの、ブレーキパッドやシューの厚みが車検後も安全に走り続けられるだけ残っているかを確認するものではありません。

一方、12ヶ月点検では、ブレーキパッドやシューの厚みを確認し必要に応じて交換します。
車検とは?
車が保安基準に適合しているか確かめる検査のこと。
12ヶ月点検とは?
次の検査や点検までの期間を見据え、車が安全に走ることができるよう点検し必要に応じて整備すること。

12ヶ月点検を行うメリット・必要性・頻度は?

12ヶ月点検を行うメリット

12ヶ月点検を行うメリットは、安全かつ快適に走行できるのに加え車のトラブル防止につながることです。

例えばエンジンの冷却水が漏れているのに気づかないで走行を続けると、エンジンがオーバーヒートしてしまうことがあります。エンジンが焼き付くと修理のために大きな出費が発生してしまいますが、定期点検によってこのようなトラブルを未然に防ぐことができます。
12ヶ月点検を行う必要性
12ヶ月点検は法律で定められた義務です。道路運送車両法第48条の定期点検整備に基づきユーザー自身の責任において実施しなければなりません。実施しなくても罰則そのものはありませんが、公道を安全かつ安心して走るために12ヶ月点検は必要です。
12ヶ月点検の頻度
12ヶ月点検は新車や中古車に限らず1年ごとに実施しなければなりません。2年車検の車であれば車検と車検の間に実施することになります。

車検が有効期間の満了する1ヶ月前から実施できるのに対して、12ヶ月点検は実施期間に関する規定がありません。うっかり忘れないよう定期点検ステッカーなどで確認します。
定期点検ステッカーで点検時期を確かめる
フロントウィンドウに貼られている円形のステッカーが定期点検ステッカーです。定期点検ステッカーには次に受ける法定点検の期日が記されています。

12ヶ月点検でかかる費用・時間は?

費用の目安は10,000円~20,000円

法定点検(定期点検)はご自身が行うこともできますが、専門知識や各種ツールが必要なことから整備工場などに依頼することが一般的です。整備工場などに依頼する場合には費用が発生し、税込10,000円から税込20,000円が目安となります。また定期点検と同時に、エンジンオイルなど消耗品を交換する場合は別途費用がかかります。

所要時間の目安は60分~

12ヶ月点検の所要時間は、大きな修理などがなければ60分~で完了します。

12ヶ月点検で行う点検項目とは?

12ヶ月点検では27項目にわたってお車の各部をチェックします。ここでは具体的な内容をご紹介します。

かじ取り装置/パワーステアリング装置
■1 ベルトの緩みと損傷
プーリー間のベルト中央部を手で押したとき(約10kg)、たわみの量が規定の範囲にあるかをスケールなどを使って点検します。また、ベルト全周にわたって内側や側面に著しい摩耗や損傷、亀裂がないかを点検します。
制動装置/ブレーキ・ペダル
■2 ペダルの遊びや踏み込んだときの床との隙間
エンジンを停止してブレーキペダルを数回踏み、ブースター内を大気圧にしてからブレーキペダルを手で抵抗を感じるまで押します。ペダルの遊びの量が規定の範囲にあるかを点検します。
エンジンをかけた状態でブレーキペダルを強く踏み込んで、ペダルと床の隙間が規定の範囲にあるかをスケールで点検します。また、踏みごたえからブレーキラインにエアの混入がないかを点検します。

■3 ブレーキの利き具合
ドライ路面において踏力に応じた制動力が得られ、進行方向に対してまっすぐに止まることができるかを点検します。ブレーキテスターを利用する場合は左右前後輪の制動力の総和および左右差が規定値にあるかを点検します。
制動装置/駐車ブレーキ機構
■4 引きしろ(踏みしろ)
パーキングブレーキレバーやペダルを規定の力で操作したとき、引きしろ(踏みしろ)が規定のノッチ数(ラチェットがかみ込む音で確認)の範囲にあるか、また開放時に走行位置に保持されるかを点検します。

■5 ブレーキの利き具合
ドライ路面の急坂(20%勾配)で停止状態が保持できるかを点検します。ブレーキテスターで点検する場合は制動力が規定値以上あるかを点検します。
制動装置/ブレーキホースおよびパイプ
■6 漏れ、損傷および取付状態
ブレーキホースやパイプ、その接続部に液漏れや損傷がないかを点検します。また走行による振動やハンドル操作によりパイプやホースが車体などその他の部分と干渉しないかを点検します。さらに接続部分やクランプに緩みがないか、スパナなどを使って点検します。
制動装置/マスターシリンダー、ホイールシリンダー、ディスクキャリパー
■7 液漏れ
マスターシリンダーの周辺から液漏れがないかを点検します。ドラムブレーキであればブレーキドラムを取り外し、ホイールシリンダーのブーツ周辺から液漏れがないかを点検します。ディスクブレーキであればホイールを取り外しディスクキャリパーの周辺から液漏れがないかを点検します。
制動装置/ブレーキドラム・ブレーキシュー
■8 ドラムとライニングの隙間
ドラムブレーキではブレーキぺダルもしくはパーキングブレーキレバーを数回操作しブレーキシューを安定させた後、タイヤを手で回したときに引きずりがないかを点検します。

■9 シューの摺動部分およびライニングの摩耗
ドラムブレーキについては、ドラムカバーを取り外すかライニング残量点検孔からライニングの残量を点検します。またライニングの端面に亀裂、剥離などの損傷がないかも確認します。さらにシューの戻り不良(ブレーキの引きずり)、ライニングの厚み、リベットやボルトの緩み、アンカピンの摩耗、スプリングのへたりも点検します。
制動装置/ブレーキディスクおよびパッド
■10 ディスクとパッドの隙間
タイヤを手で回したときにブレーキに異状な引きずりがないかを点検します。

■11 パッドの摩耗
ホイールを取り外してキャリパーの点検孔からパッドの厚みを点検します。また必要に応じてスケールなどを使って測定します。
走行装置/ホイール、タイヤの状態
■12 タイヤの状態
タイヤゲージを用いて空気圧が規定値であるかを点検します。またタイヤの全周にわたり亀裂や損傷がないか、異物が刺さったりかみ込んだりしていないか、偏摩耗がないかを点検します。さらにタイヤのスリップサインを点検するか、タイヤの接地面の全周にわたって溝の深さが規定値以上あるかをディプスゲージなどで測定します。

■13 ホイールナットおよびホイールボルトの緩み
ホイールナット、ホイールボルトに緩みがないかをレンチを使って点検します。
動力伝達装置/クラッチ
■14 ペダルの遊び、切れたときの床との隙間
クラッチペダルを手で抵抗を感じるまで押し、遊びの量が規定の範囲にあるかを点検します。またレリーズフォークの先端を手で動かし、遊びの量が規定の範囲にあるかをスケールを使って点検します。さらにクラッチがつながる直前のクラッチペダルと床板との隙間が規定の範囲にあるかを点検します。
動力伝達装置/トランスミッション・トランスファー
■15 オイル漏れ、オイル量
トランスミッションおよびトランスファー本体周辺(ケースの合わせ目など)やオイルシール部からオイル漏れがないかを点検します。M/T車はトランスミッションおよびトランスファーのフィラープラグを取り外し、プラグ穴に指を入れるなどしてオイル量を点検します。A/T車はシフトレバーをゆっくり各レンジにシフトした後、Pレンジに戻してレベルゲージでオイル量を点検します。
動力伝達装置/プロペラシャフト・ドライブシャフト
■16 連結部の緩み
プロペラシャフトのジョイントフランジヨーク取付ボルト、ナット、センターベアリングブラケット取付ボルト、そしてドライブシャフトの取付ナットに緩みがないかを点検します。
電気装置/点火装置
■17 点火プラグ(スパークプラグ)の状態
スパークプラグ(白金プラグおよびイリジウムプラグを除く)を取り外し、電極に汚れ、損傷や摩耗がないか、絶縁碍子に焼損がないかを点検します。また中心電極と接地電極との隙間(プラグギャップ)が規定の範囲にあるか、ゲージを使って点検します。

■18 点火時期
規定のアイドリング回転数で、タイミングライトなどを用いて点火時期が適切であるかをクランクプーリーなどの合わせマークを見て点検します。

■19 ディストリビューターのキャップの状態
ディストリビューターを備えるエンジンの場合、キャップおよびローターに汚れがないかなど正常に働くかを確認します。
電気装置/バッテリー
■20 ターミナル部の接続状態
バッテリーのターミナル部が緩みや腐食によって接続不良になってないかを点検します。
原動機/エンジン本体
■21 排気の状態
ガソリンエンジンは、タコメーターなどを用いてアイドリング回転数が規定の範囲にあるかを確認した後、排気ガスの色が白煙や黒煙でないかを目視で点検します。またアイドリング時のCO(一酸化炭素)およびHC(炭化水素)の排出濃度をCO・HCテスターにより点検します。ディーゼルエンジンについては異状な黒煙を排出していないかを目視で点検します。

■22 エアクリーナーエレメントの状態
エレメントを取り外して、汚れ、詰まり、損傷などがないかを点検します。
原動機/潤滑装置
■23 オイル漏れ
シリンダーヘッドカバー、オイルパン、ドレンプラグなどからオイル漏れがないか、またオイルクーラーのホースなどに劣化によるふくらみや亀裂、損傷がないかを点検します。
冷却装置
■24 ファンベルトの緩みと損傷
プーリー間のベルト中央部を手で押したとき(約10kg)、たわみの量が規定の範囲にあるかをスケールなどを使って点検します。またはベルトテンションゲージ(張力計)を用いてベルトの張力が規定値内にあるかを点検します。

■25 水漏れ
ラジエター、ウォーターポンプ、ラジエターホース、ヒーターホースなどから水漏れがないかを点検します。
エキゾーストパイプとマフラー
■26 取り付けの緩みと損傷
エキゾーストパイプおよびマフラーの取付部、接続部など、各部に緩みがないかを手で揺するなどして点検します。またエンジンを始動して接続部などから排気ガスが漏れていないかを点検します。
その他
■27 車載式故障診断装置の診断結果
スキャンツールの接続部を車載式故障診断装置と接続して診断の結果を読み取って点検します。または診断の対象となるインジケーター類が点灯または点滅し続けないかを点検します。
12ヶ月点検には含まれていないものの計画的に実施しなければならないもの
上記で紹介した12ヶ月点検の項目には含まれていないものの、お車の状態をみながら以下のメンテナンスを実施します。

・エンジンオイル・オイルフィルターの交換
・タイヤのローテーション
・冷却水の交換
・ブレーキフルードの交換
・エアクリーナエレメントの清掃あるいは交換

12ヶ月点検はオートバックスへおまかせください

オートバックスなら12ヶ月点検を事前にご予約いただくことができます。またエンジンオイルやワイパーゴム交換など多彩なサービスを加えたメンテナンスパックを用意しています。維持費を上手に抑えながら安心・安全に運転を楽しみたい方におすすめです。

> 12ヶ月点検をweb予約

まとめ

12ヶ月点検はユーザーの義務であると同時にお車の良好なコンディションを維持するのに有効なメンテナンスです。また定期点検を欠かさず実施していた車は整備履歴が明確で売却時に有利になることもありますので、忘れず実施するようにしましょう。
「車検」と「点検・整備」の違いは?
車検とは安全・環境基準への適合を一定期間ごとに国が検査するものです。一方、点検・整備とは自動車ユーザー(自動車ユーザーから依頼した自動車整備取扱業者を含む)が必要な時(12ヶ月点検等)に自動車を点検し、その結果に応じて必要な整備を行うことをいいます。 なお、道路運送車両法では、日常点検および定期点検の実施が自動車ユーザーに義務づけられていることもお忘れなく。車検のみならず、点検・整備も自動車ユーザーの義務なのです。
どうして車検が必要なの?
ページトップへ