ワイパー NBOX ワイパー NBOX

N-BOXに最適なワイパーの選び方と交換方法

内外装の質の高さに加えて広々空間で大人気のホンダN-BOX。フルモデルチェンジによってワイパータイプも変わり、交換する際にワイパー選びに迷う方もいるのではないでしょうか。ここでは初代と2代目のホンダN-BOXについて、適切なワイパーの選び方と交換方法を紹介します。

N-BOXの型式

ワイパー

歴代N-BOXの系譜

N-BOXには、2011年に登場した初代(JF1型、JF2型)と、2017年にフルモデルチェンジした2代目(JF3型、JF4型)があります。初代と2代目では適合するワイパーの長さなどに違いがあります。ワイパーを選ぶ前に、ご自身のN-BOXがいずれに該当するのか確かめておきましょう。

初代N-BOX
期間:2011年12月~2017年8月(平成23年12月~平成29年8月)
型式:JF1、JF2
2代目N-BOX
期間:2017年9月~(平成29年9月~)
型式:JF3、JF4型

ワイパー交換の必要性と交換時期の目安

ワイパー交換の必要性
ワイパーはガラス面のゴミや埃を取り除いたり紫外線を浴びたりすることで劣化します。劣化すると、拭き取った跡に筋が残ったり拭き取られない部分が残ったりします。前方の視界が奪われて危険なだけでなく、楽しいはずのドライブにストレスを感じてしまうこともあります。ワイパーは消耗品ですので定期的な交換が必須です。
ワイパー交換時期の目安
ワイパーブレードは1年に1度の交換をおすすめします。
ワイパーゴムは半年に1度の交換をおすすめします。
ワイパーブレードごと交換かワイパーゴムだけ交換か
ワイパーブレードごと交換するかワイパーゴムだけを交換するかは、次のような症状を目安に決めることができます。
ワイパーブレードごと交換するケース
ワイパーを動かした後に拭きムラがあったりビビリ音が発生するときはワイパーブレードごと交換します。
ワイパーゴムだけを交換するケース
ワイパーで拭き取った跡にガラスに筋状の線が残ってしまうときや滲みになってしまうときはワイパーゴムを交換します。
2代目(JF3型、JF4型)の純正ブレードに対応するワイパーゴムは特殊形状です。ゴムのみ交換する場合は市販品では適合がありませんのでご注意ください。
どちらにすべきか迷ったら

N-BOXに適合するワイパーの選び方

Uクリップ

N-BOXに適合するフロントワイパー

N-BOXのフロントワイパーは国産車に一般的なUタイプの固定方式です。初代にトーナメントタイプが標準採用されていたのに対して、2代目はフラットタイプになっています。初代にもフラットタイプ(デザインタイプ、エアロタイプ)を取り付けることができます。

初代N-BOX(JF1型、JF2型)
運転席側のサイズ:450mm(Uタイプ)
助手席側のサイズ:430mm(Uタイプ)
2代目N-BOX(JF3型、JF4型)
運転席側のサイズ:480mm(Uタイプ)
助手席側のサイズ:430mm(Uタイプ)
N-BOXに適合するリアワイパー
初代N-BOX(JF1型、JF2型)
サイズ:350mm(Aタイプ)
2代目N-BOX(JF3型、JF4型)
サイズ:350mm(Aタイプ)
車検証とオートバックス公式サイトのワイパー適合検索で調べる
ワイパーメーカーの適合検索を利用して調べる
ワイパーのメーカーは独自に公式サイトに適合検索ページを用意しています。使用したいワイパーメーカーやブランドが決まっている場合は活用しましょう。また、各メーカーが用意する雪用や撥水タイプなどの適合も調べられます。
PIAA
ボッシュ
NWB

N-BOXのワイパー交換方法

N-BOXのワイパーブレードおよびワイパーゴムを交換する手順をご紹介します。ワイパーブレードの交換手順は初代も2代目も同じです。ワイパーゴムのみの交換については初代の純正ワイパーがトーナメントタイプ、2代目がフラットタイプと形状が異なるため、それぞれ分けて解説します。

ただし、初代であってもフラットタイプに交換されている場合もあります。
また、いずれのタイプでもメーカーやブランドが異なると互換性のないこともありますので、現在取り付けられているメーカーやブランドが分からないときはワイパーブレードごと交換することをおすすめします。

ワイパーブレードごと交換する方法
N-BOXのワイパーブレードを交換する手順を紹介します。交換手順は初代も2代目も同じです。
車のエンジンを切って、ワイパーアームがボンネットフードの後端に隠れる車種であれば、ワイパーを作動させてフロントウィンドウ上で停止させておくようにしましょう。
また、ワイパーに汚れが溜まっていることがあるので、気になる方は手袋などを用意しておきましょう。
手袋とウエス
手袋とウエス

ワイパー交換に必要なもの

・適合する新しいワイパー
・クリップ(ワイパーメーカーの指定による)
・ウエス(使い古したタオルや雑巾)
・手袋

1.適合を確認する
取り付けるワイパーがお乗りのN-BOXに適合しているかを確認します。
ワイパー交換作業

2.静かにワイパーアームを立てる

ワイパーアームを起こしてワイパーブレードを少し傾けます。交換するときはワイパーアームやワイパーブレードが窓ガラスに当たらないように気をつけましょう。ガラスに当たるとガラスが破損する恐れがあります。またワイパーブレードを強く握ったりすると、拭き取る性能が落ちたり破損したりすることもあるので注意が必要です。

ワイパー交換作業

3.ワイパーブレードの爪を押したままにする

ワイパーブレードとアームの固定部にある爪を押したままにします。

ワイパー交換作業

4.ワイパーブレードのカバーを開ける

2代目N-BOX(JF3型、JF4型)のブレードはカバータイプでの取付です。カバーを開け、ブレードを取り外せるようにします。

ワイパー交換作業

5.ワイパーブレードを取り付ける

新しいワイパーブレードを取り外しとは逆の手順で取り付けます。別途クリップが必要な場合は予め新しいワイパーにセットしておくとスムーズです。最後にワイパーブレードが確実に固定されていることを確認します。

接客シーン

ワイパーゴムのみ交換する方法

ワイパーゴムだけを交換するときは、上記の手順でワイパーブレードを取り外し、商品の取扱説明書に従ってゴムを取り替えます。ワイパーブレードのゴムを交換したらワイパーブレードを元に戻します。
2代目N-BOX(JF3型、JF4型)の純正ブレードに対応する替えゴムは特殊形状のためカー用品店等では取り扱いがない可能性があります。オートバックスで交換する場合は替えゴムの純正を取寄せるかブレード交換です。お近くの店舗に相談ください。

>ワイパーブレード・ワイパーゴムの交換方法について詳しくはこちら

オートバックスでワイパーを交換するメリット

ワイパーは工具を使わずに交換できますが、うっかりフロントガラスを割ってしまうといったトラブルもあります。また間違った商品を選ぶと取り付けられなかったり、適正に拭き取れなくなることもあります。そのような不安を感じたらN-BOXのワイパー交換はぜひオートバックスにお任せください。

アドバイスを受けられるから商品選びに迷わな

取り付けられるワイパーでお悩みの方はお気軽に店頭スタッフへお声がけください。適合はもちろんのこと、お客様のライフスタイルに最適なワイパーをご提案いたします。

豊富なワイパーの中から選べる
オートバックスではお車に適合するさまざまな雪用ワイパーを取り揃えています。お客様のカーライフスタイルにぴったりのワイパーが手に入ります。お車への適合に不安を感じたら店頭スタッフへ気軽にお声がけください。最適なワイパーをご提案いたします。
メンテナンス会員になると基本工賃が無料
オートバックスのメンテナンス会員になるとお得な特典が受けられます。
ワイパーの交換基本工賃が無料
オートバックスのメンテナンス会員にご加入いただくとワイパーゴム・ブレードの交換基本工賃が無料になります。しかも加入期間中は何度でも無料で交換できます。またウォッシャー液の補充が無料になるのに加え、オイル交換の基本工賃をはじめ9種類のメンテナンス基本工賃が無料になるなど大変お得です。
ワイパーブレードの交換工賃の目安
税込220円前後~/運転席・助手席用
ワイパーゴムの交換工賃の目安
税込330円前後~/運転席・助手席用
メンテナンス会員加入費用

まとめ

ワイパーは消耗品であり、定期的に交換することで雨の日のドライブを安全かつ快適にしてくれます。N-BOXに取り付けられるワイパーでお悩みの方は、お気軽に店頭スタッフへお声がけください。適合はもちろんのこと、豊富な品揃えの中からお客様のライフスタイルに最適なワイパーをご提案いたします。

ピット作業できる車種は?
ピット作業の費用・時間は?
ページトップへ