その他作業 基礎知識

バッテリー交換

車バッテリーの交換時期は?劣化を早める要因を知って注意しよう

車のバッテリーは消耗品です。定期的な交換が避けられないのに加え、使い方によっては劣化が進み早めに交換しなければならないこともあります。ここではバッテリーの交換目安とともに、バッテリーの性能低下を招く要因についておさらいします。



目次

一般的なバッテリーの交換時期とは?


バッテリー交換

バッテリーの交換時期は2~3年

バッテリーの交換時期の目安は2~3年です。一般的には、普通バッテリーであれば約2年、高性能バッテリーであれば約3年が交換目安とされています。

バッテリーの劣化を早める要因とは?

バッテリーの交換時期は、使い方や使用環境にも影響されます。ここでは劣化を早める要因をご紹介します。


ルームランプの消し忘れなど過放電

灯火類の消し忘れなどエンジンを切った状態でバッテリーを使い続けると過放電となり、消耗が進んでしまいます。


走行する機会が少ない・短距離運転の繰り返し

バッテリーは使用しないと徐々に電圧が低下します。そのため、走行する機会が極端に少なかったり、また走行しても距離が短いとバッテリーが十分に充電されず、劣化を早める要因になります。


アクセサリーパーツなど電力消費過多

車を停止中にエアコンやワイパーを作動させた状態でカーナビを利用したり、その上でさらに車内に持ち込んだスマホやタブレットをシガーソケットから充電したりするような場面が長く続くと、バッテリーの充電が間に合いません。電圧が低下しがちでバッテリーの消耗は激しくなります。

バッテリー交換が必要な症状・不具合とは?


バッテリー交換

バッテリーは定期的な交換時期を迎えていなくても、次のような症状や不具合が現れたら交換が必要になります。


バッテリー上がり

エンジンがかからないなど、バッテリーの電圧が著しく低下した状態をバッテリー上がりといいます。一度でもバッテリー上がりが起きてしまうとバッテリーの劣化が進んでしまい、充電して電圧を回復させても本来の性能が戻らなくなってしまいます。再びバッテリーが上がってしまう前に交換することをおすすめします。


エンジンがかかりにくい

バッテリーの電圧が低下するとエンジンがかかりにくくなります。バッテリーの働きの中でも、エンジンを始動させるためにセルモーターを回すことは大きな負担となっています。またモーターを回しながら同時にスパークプラグで火花も飛ばさなくてはなりません。エンジンがかかりにくくなることは、バッテリーが弱くなっている症状の1つです。


ヘッドライトが暗い

ヘッドライトが暗く感じられるようになったらバッテリー交換時期を示すサインです。ただしLEDヘッドライトなどの場合はバッテリーの電圧と明るさに相関関係はありませんので、この場合はヘッドライトが明るいからといってバッテリーが健全であるとは判断できず油断できないところです。


パワーウィンドウなどの動きが鈍い

パワーウィンドウなどの電装品の動きが緩慢に感じられるようになったら、バッテリーが弱まっている可能性があります。


アイドリングストップ機能が作動しない

アイドリングストップ機能を備えた多くの車では、バッテリーの電圧が低下するとアイドリングストップ機能がキャンセルされるようになっています。エンジン始動の繰り返しはバッテリーの負荷が大きいからです。アイドリングストップ機能をオンにしているのに働かない場合、バッテリーが弱っている兆候と判断しましょう。


バッテリー本体が変形している

エンジンルームやラゲッジルームのバッテリーを点検して、バッテリーのケースが膨らんでいるなど変形が見られたら要交換です。

バッテリーを長持ちさせる点検・メンテナンスとは?


電圧のチェックと充電

バッテリーの正常な電圧値は12.5V~14.5Vと言われます。テスターを使ってバッテリーの電圧を測定し12.5Vを下回っていたら充電します。バッテリーの電圧低下を放置すると、バッテリートラブルを招き劣化を早めてしまいます。充電は車を走らせて電圧を回復させるか、カーバッテリー充電器などを利用します。


バッテリー液の点検と補充

バッテリー内部は電解液で満たされており、定期的に液量を点検しなければなりません。ケースに記されたUPPER(上)とLOWER(下)のレベル範囲に液面があることを目視で確かめます。液が足りない場合はバッテリー液(精製水)を補充します。液面が低いまま使い続けるとバッテリー内部の劣化が進行し、寿命が短くなってしまいます。またバッテリーの破損を招くこともあります。


端子の緩みや腐食のチェック

バッテリーの端子には常に数十アンペア、最大で数百アンペアの電流が流れます。端子の負荷は少なくなく、意外に劣化が進んでしまいます。また漏れたバッテリー液によって腐食することもあります。端子が接点不良を起こすと抵抗の増大によってトラブルの原因になりますので、端子を綺麗に清掃して増し締めします。さらに、必要に応じて交換しましょう。


メンテナンスフリーバッテリーも点検は必要

バッテリーにはメンテナンスフリーバッテリーというものがあります。容器の密閉性が高められているため電解液や精製水を補充する必要がありませんが、点検のためのインジケーターが備わっておりバッテリー液の不足や充電不足が確かめられるようになっています。メンテナンスフリーとは言っても定期的な点検を欠かさないようにしましょう。

オートバックスでバッテリーを交換いただくメリットとは?


バッテリー診断

バッテリーの無料点検が受けられる

オートバックスではバッテリーの無料点検を行っています。バッテリーが弱まっている兆候を感じたら、お気軽にご来店ください。バッテリー液の量、電圧値、容器の状態、端子の状態などを点検いたします。輸入車やハイブリッド車も点検しております。

> お近くのオートバックスを検索する


豊富な商品バリエーションから選べる

オートバックスにはスタンダードなバッテリーはもちろん、高性能バッテリーやアイドリングストップ車専用バッテリーなど、幅広い商品を揃えています。お客様の車に最適なバッテリーをご案内いたします。


バッテリー交換工賃がリーズナブル

オートバックスでバッテリーを交換する際の基本工賃は税込550円~です。この工賃には廃バッテリーを引き取る費用も含まれています。さらにオートバックスのメンテナンス会員にご加入いただくと、バッテリーの交換だけでなく、エンジンオイルやオイルフィルター交換などさまざまな基本工賃が無料になり大変お得です。

オートバックスのメンテナンス会員費

お車1台につき入会費が税込1,100円/年間。継続料は税込550円/年間となっております。


交換した商品や日付けを記録できる

オートバックスの公式アプリを使うとオートバックスのピットで作業した内容が自動的に記録されます。うっかり交換するのを忘れるといったことを防ぐなど次回メンテナンスの際に役立ちます。

> 公式アプリをダウンロードする

まとめ


接客シーン

バッテリーは定期的な交換が必要な消耗品です。交換の目安は2~3年ですが、定期的に点検をしてバッテリーにまつわるトラブルを未然に防ぎましょう。オートバックスではバッテリーの点検が無料なのでスマートに交換費用を抑えていただくことができます。ぜひご利用ください。

その他作業 Q & A

A 国産車はもちろん、輸入車も作業可能です。
一部特殊なお車は作業できない場合もございますので
ご心配な場合は最寄りの店舗にお問い合わせください。
A 目安工賃・目安作業時間は下記よりご確認ください。
※車種・作業内容によって変わります。
ピットサービス・メニュー一覧
ページトップへ